2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
真空管
- 2017/10/22(Sun) -
171022A.jpg
今年8月に販売されちゃった、SANSUI製の真空管コンポを、
たまたま25Kでネットにあったのでポチってしまいますた。
今(10/22)現在の価格COM安価が35K程なので安い買い物と思う。
因みに、注文した翌日には30Kになってたので、ギリでした(笑
メーカーさいとはこちら
過去3種類
・SHT-9002の真空管
・SMS-800BTの木彫デザイン
・SMC-150BTのスピーカー
の、いいとこ取りした感じですかね?

SANSUIブランドについては省略しますが、
以前買ったFHD50インチのSANSUIのTVの音がなんか良いな~って思ったんですよ。
で、同社はオーディオが得意だったとか、スピーカーが「和紙」という和風テイストが
気に入ってたんですよ。

余談ですが、変わり種スピーカーではJVC社の木製コーンというのもあります。
コンポは50K超えて高いのでスルーですが。

さて、
日本企業応援な贔屓もありますが、、、音、予想以上に良いですよ。
まぁ人それぞれでしょうが。
なんというのかな~・・・
・和紙の柔らかさ
・真空管の懐かしさ
そんなイメージ。
今まで坊主贔屓でしたが、聴き比べると、、、デジタル音質はなんか刺々しいなぁって思う。
あと・・・
FUNAI同様?クラスの企業なので、
「分かる人だけわかってくっればいい」という開き直りというか、自社のこだわり感がいいなぁっと思う。
下手に有名だと、(特にL社)音と画質が何となく媚びてる感じでさもしいなぁっと感じてるのは秘密。
171022B.jpg
真空管が光ってなくって、後ろでLED照明でそれっぽく?
光ってないので、飾り?とか思いまいたが、光らない真空管も有るそうです。
これは、商品説明の通り、飾りでない事を願いたいです(^^A
スポンサーサイト
この記事のURL | コンピュータのこと | CM(1) | TB(0) | ▲ top
疲れた~(A´∀`;)
- 2017/10/15(Sun) -
 突然ですが、

171015A.jpg
諏訪大社へ往きました。

何でも私の「姓」が湧いた発症の元らしい情報ありまして、まぁ、諸々ありましてこの度参拝往きました。
ご本尊というか本殿の無い珍しい社だそうですね。で、この御柱がご神木。っと。

言い伝えではこの御神木は空を支えている「要」で、御柱祭りという暦以外で倒壊すると空が落ちて世界が滅ぶと伝えられているそうです。。。。(まるで像の上の世界みたいですが?)

・・・って、うっそ~ん。今考えた。ごめんm(__)m


旅った一番の原因は、、、、試験結果の発表まで不安があるので別の事を考えようと思って。
どうせ不合格なのだから次回に備えればいいのにって気もしなくもないですが、
まぁ、
気力使い果たしたのでMPカード(汗)消費してHP回復なのであります。(大汗

171015B.jpg
Copenくんお疲れ様でした。

以前なら、写真整理してどうのこうのとカキコする気力あったのですが、
写真PC取り込んで力尽きたった。
今、搾りかすで動いてる。

そんなメモ

のちのち、小出しにカキコすると思う。
ただ、お客さん少ないから私的メモですが。

あとオマケ
この記事のURL | 法律とか慣習とか? | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今更ですが「諏訪子」
- 2017/10/15(Sun) -
諏訪大社で賜られる御神酒の容器がですね

ソース
https://blogs.yahoo.co.jp/namaste_my/63811023.html

中央がカエルの様ですが、カエルさんですか?
初見、鳥獣戯画と思ったのは内緒です。

あえて検索してませんが、元ネタコレですがねぇ?
あと、
御柱様わおいといて
早苗さんは元ネタさんが大層?迷惑されてるようなので省略

そんなメモ。
この記事のURL | ゲームとか | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夢を見た。メモ
- 2017/10/10(Tue) -
 倉庫の荷物を引っ越しする夢を見たった。
 小さい小物をいっぱい運ぶんだ。

 古い倉庫は元の持ち主に返そう。
 惜しんでは行けない。

そんな夢。

記憶有るうちにメモる。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
α77M2の、修理と言うなの点検?
- 2017/10/10(Tue) -
 α77M2を、、、ショップ保証有るうちにと点検修理に出しました。
 今年の年始に触れたくらいでしまいっぱなし。
 使わないのなら、カメラシステム見直そうかとか思いまして、点検修理へ。

 仕様なのか故障なのか分かりませんが、使ってて違和感は細かいのがいっぱいあっった。
 「トランスルーセントミラー・テクノロジー」の仕様なのかどうか分かりませんけどねぇ・・・
あと、レンズ仕様がバラバラなんだよねぇ~。DMFが使いにくいんだ。

171010.jpg
α900と100マクロにて。何時撮った?

デジモノの進化は速いので、ついていくのが大変な昨今。

私的に、廃盤になっちゃったけど、ライカXバリオでスローライフに活きようかとか無駄に考えてみる。
この記事のURL | カメラの事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
すぴりちゅある
- 2017/10/09(Mon) -
 パワースポット巡りとかいうプチ旅行をしようかな~とかとか妄想中。。。。
で、お供選びにグダグダ中なのであります。

てなこって、久しぶりにGR持ち出して見ました。
↓センサー大きいので被写界深度浅い浅い(苦笑
171009B.jpg
昭和61年に建立場所をお引っ越しした記念碑だそうです。
たぶん、、、、これに併せて伏見稲荷神社風な鳥居を用意したのでしょうか?
まぁ引越し前は雰囲気位ので、地元の方もあまりよらなかったとか何とか。
都市計画にも寄るのでしょうけど距離感縮まりましたよね?

で、月何回参拝してるのか自分でも難解なのは置いといて、

171009A.jpg
稲荷さんなので、狛犬ならぬ稲荷地蔵。
三行半神社(離婚・離縁)として江戸時代に誰かが建立したのが始まりじゃないかなぁ?予想ですけど。
2・3世紀は過ぎてるのでしょうねぇ。だいぶ丸くなりましたお稲荷さん。(色々と)

逝くとこないけど出かけたい時は社務所でお留守番にいらっしゃる社を選ぶのですが、
近所?の神社は猫山神社見たくなってしまったので、生理的(猫アレルギー的)に行けなくなりました(大汗

で、新聞占いでは南はいいよ~ってあったのを思い出して・・・

171009C.jpg
なまず神社(仮)
お話聴くに、この地帯は河川氾濫が多いらしく、倉(土蔵)が建たないみたいで、
地名から、4本の支持杭の上に板状の倉をたてて食料保護したのでしょう。増水時にプカプカ?浮かぶ数々の板倉を風景を連想します。。。。
そうそう、50年位前迄はどぜうやら魚が取れたそうですが、今はどうでしょうかねぇ・・・

171009D.jpg
国指定の~があるよって看板。
GRなんでピンぼけはご愛嬌(^^;

以上、GR撮って出しなのですが、結構活けそうです。小さいし。この子は連れて行こうっと。


さて、すぴりちゅある。
信じるかどうかと問われて、
・聖書とかの口伝?として
・霊感(第6感)として
・量子力学(多次元宇宙論)として
・天文学・電子力学(電磁波)として
信じでいるのでありますので、パワースポットというのは気にするようにしました。
今まで「当たり前」と思っていたことを見直そうというやつね。
これは後日への宿題にしますが・・・・
「後ろの正面」誰でしょうか?最近結構考えてます(^^;;;;
この記事のURL | いろいろと。(複数カテゴリー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
残高不足
- 2017/10/04(Wed) -
 ここ2週間弱、カゼッピキで、10/1ピークでゾンビ化シテました。。。。

 試験での疲弊で抵抗力ガタ落ちだったようです。。。

さて今日は生活習慣病の薬をもらいに逝くのですが(ついでに風邪薬も)、通院費を卸すのについでに確認したら銀行口座の残高が減っていないのことに驚いた。(# ゚Д゚)
多めに用意したつもりだったのですが・・・2千円不足だったので・・・
請求の千の単位で7と1と見間違えたという。。。orz

171004A.jpg
49インチ4Kテレビをモニターにしてみたテストの。
確かに綺麗ですよ4K。
でもモニターには大きすぎ。PCモニターにするなら40インチまでかなぁっと思った。

さてさて、確認したら後に請求書が届くのでそこに振り込めや!ってことですが、今月が額が額なので遅延延滞金が恐いので直ぐに最初できる方法検索してみたら、専用ATMで入金処理できるってことで、近くで深夜まで稼働しているATM検索して高速飛ばして入金処理してきた。
引き落とし当日処理なので、事故履歴に乗らなければ良いのですが。。。。

因みに、遅延等手数料で720円加算されてた。。。。あと高速料金とガズ代。
かなりの出費になってしまった。。。。


171004B.jpg
試験終わったよってお礼参りしてきたいつものパワースポット?。
たまにはお社から見た風景でも。

ちまきに、今回の借金の大半がソシャゲの課金代。。。ちょうしこいてガチャ回しすぎた。。。_| ̄|○猛省
この記事のURL | 法律とか慣習とか? | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ