2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
天狗なカメ話し(;´∀`)
- 2015/11/05(Thu) -
 はじめは「カメラ」カテゴリーの予定だったのですが、後述の事があり、
「下手に習うと下手が伝染る」
カテゴリーとしましたでし。

さて、

そろそろ社会復帰も間近。
某、紅葉の名所に行ける最後のチャンス(人が少ない平日という意味で)と思い、旅立つのであります。

151105H.jpg
WX500にて
居所の陽気は温かいので、まだまだかと思いましたが、、、桜で言えば散り始めって感じでした。(ギリセーフ?)

151105C2.jpg
α900と24-70mmF2.8ZA
この(貯金箱)ポストはネタではなく、本当に現地に展示されている。

以下、たたみます。
この記事のURL | 下手の手習い | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フィルター遊び
- 2014/01/19(Sun) -
 製作のしおり様にて前回のチルノっぽを紹介いただきました。
 ありがとうございますです。

さて、
久しぶりの「下手に習うと下手がうつる」話しになります。

140119.jpg
写真は2006年、うっとこの初期東方っぽ衣装ですね。カメラはα7D(コニミノですよ。今となっては懐かしいカメラでし。個人的にはニコンのDfなメカニカルより、このα7Dのようにダイヤルにダイヤルな外観が好きですね。画素数が600万なので、出番激減な昨今ではありますけども(汗汗

この背景の星型ボケネタを詳細に解説しよう、しようと思ってはや3年。。。
今さらで、をぃって感じですが、そこは見ない振りで(汗

本音、撮影準備するのが、何かと面倒でついつい~~~っと先送りしてましたが、他人様の所でネタがありましたので便乗しようと思ったしだいであります。

詳細はデジカメWatchのいろんな形のボケを作ってみる欄がすべてを語ってますので以下省略(汗

私の場合はMCフィルターに星型に切った厚紙を貼ってました。
写真のは50mmF1.4開放でしたので、周辺には厚紙の厚み分、星の形をゆがめてました。。。
今思えば、100mmマクロとか、望遠なレンズを使ったほうが良かったかなと推測しますです。
(当時は明るい望遠レンズもってなかかったから仕方ないといえばそうかもしれませんが。。。)

この記事のURL | 下手の手習い | CM(0) | TB(0) | ▲ top
好きに勝る上手無し
- 2012/05/09(Wed) -
マイミクさん情報で知った
プロカメラマンが教える! 知っておきたい写真のこと100

見てもらえると結構勉強になりますwww

120509A.jpg
絶対らいん~(って意味不明

 私的に100も要らないですが・・・なんとか100選・・・なタイトルだとなんとなく興味が湧きますから・・・数合わせとも取れる内容は・・・まぁ良しとしましょ。


で、その100選より
> 42)自分のスタイルを見つけて、貫くこと。
というのは重要だな~と思います。

ドール写真は、お・い・と・い・て・・・、

コンテスト入賞した写真はみんな逆光写真でした。。。
自分も逆光をうまく撮り入れられると綺麗と思いますし、楽しいです。
なので自分スタイルはコレか~と。www
って、
>95)写真を通して、自分を再発見することは多い。
にありましたwww


あと、是非に理解して欲しい事は
> 38)粒子は美しい。
とは言いすぎですが、価格COMのコメント読んでますと、どうも・・・
粒子=ノイズ=汚い
と思っている方が多いみたいで、、、その為企業としては必要以上に粒子を消した画像処理をするようでして・・・おかげで最近のカメラの「のっぺり」感は好きになれない。。。orz


他は、私的にツッコミしたいところをいくつか。
興味有りましたら続きにて。

120509B.jpg


よはなべて3分の一・・・じゃなくって三分割法は触れてますが、水平・垂直については特記がないので、
傾き
は気にしなくて良いし、表現の1つとしてOKかと。
この記事のURL | 下手の手習い | CM(0) | TB(0) | ▲ top
順光は辛いよ
- 2011/11/17(Thu) -
 ネタがないので、久しぶりに「下手ネタ」でも。


111117A.jpg
α900と何時ものGレンズ^^;
夕日も暮れかかり。影が伸びるから順光撮影だと影がドールにかぶっちゃうのです。(朝も早いと同じですが

屋根のある所にあやかって屋根の影に逃げてますが、

111117B.jpg
赤丸に頭がぽっこりと(大汗

 ファインダー覗いてなるべくカメラを動かさないようにして体をよけるという技を使うのであります。
 傾いたらレタッチで補正か、何度も取り直しとか。
 デジタルだから出来る方法であります。フィルムなら三脚使ってタイマー中に逃げるかな?

 以上、自分の影は入れないように(はいっても解り難いように)しようね。というお話しですた。
この記事のURL | 下手の手習い | CM(0) | TB(0) | ▲ top
すまほ? それおいしいの?
- 2011/08/05(Fri) -
 良い写真とは?

 観ていて飽きない写真かな?
 食べ物で言えば、あたりめとか、ポテチとか、なんとかえびせんとか、豪華じゃないんだけど、何となく口にしてしまう。そんな感じかな?

 趣味の範囲での話しなので、お仕事としては愚問なのは承知。

110805.jpg
α700と28-105mmF2.8 F4値にて撮影


 ブログでうpした写真を携帯の待ちうけにして、飽きたものは削除~ってしていくと、お気に入りだけ残っていくのは道理。
で、
 その写真のデータとか、雰囲気とか、ロケ地とかとか、見直して反省して次のロケに反映するのであります。
 そんな反復継続での撮影ですが・・・・

・・・流石に我流は進捗悪いですね(大汗


ところで・・・すまほ?とか、あんどろいど?とか、あいほん?ってなんですか?(笑



 今、使用の携帯は三菱がドコモの携帯から撤退したときの最終モデル。次期機種が無いのと、それなりにお気に入りでしたので、新しい携帯とかスマホとか、まったく気にならない時代に取り残されたので、無駄な出費がなくて済んでおります。
 壊れる直前まで酷使しようと思います(萃香環境の恩恵というのもありますけどね


この記事のURL | 下手の手習い | CM(0) | TB(0) | ▲ top
露出いろいろ
- 2010/10/01(Fri) -
 久々の「下手ネタ」でございます。

 前にも言ったような気がします簡単に語ろうと思います。

以下、DP1にて。

100918A.jpg
Aモード、AFは中央、フラッシュ有り


100918B.jpg
Aモードで背景の露出を求めて、Mモードにて設定し、以下同文


 うんちくとしましては、
「背景は飛ばしてメインをアピールしたい」前者

「背景もしっかり写し、雰囲気を表現したい」後者
という作例(のつもり

どちらが正しいというのではなく、表現者(撮影者)の意図によるので、まぁお好みで。
この記事のURL | 下手の手習い | CM(2) | TB(0) | ▲ top
逆光とかとか
- 2010/08/12(Thu) -
 昨日の「打ちっぱ」で今日は筋肉痛のりゅうのでございます。
 良くも悪くも台風の影響か、気もち過ごし易い気温となっております。

 さて、今日は山奥ネタの続きでありますが、ちょいと「下手が移る」話とかしてみようと思います。



で、今回のネタは逆光です。


 先ずは作例でも。

100812Z.jpg
F31fdにて

 太陽がもろ(上は一応枝でかくしてますが)で入る場合は、カメラは日差し強いと判断して露出を抑えます。すると、光以外は真っ暗な写真が出来上がるわけですね。
 風景ならそれもありではありますが、ポートレート的にはNGかと思います。
 こういう場合は、ギラギラしてもいいからフラッシュを使った方がいいですよ?というのが自論であります。

 最近のコンデジには「逆光モード」がありますので、素直にモードに依存するほうが良いと思います。
 しかし、「逆光モード」が無い機種、例えば一デジとかだと、色々と設定する必要があります。


 更に作例

100805B.jpg
DP2sにて。RAW現像
(フラッシュは+3補正、AFが効かないのでMFにて)

 DPでの逆光はすごい難しいのでありますが、それはそれ、一デジでの経験を生かしているのであります。
(コンテスト入賞の殆ど?が逆光写真でしたので、私的に逆光は私の分野なのかもと勘違いしてましてA^^;)


 逆光の場合、私的にする方法は
・強制発光
(オートだと明るいから不要とカメラが判断するから)
・フラッシュの露出は+2~3補正
(明るいので少量で十分と判断するので、それよりも明るくねって設定します。)
(フルマニュアル設定できる機種ならばもっと微細に調整できるかも)
基本的にこの2つ。
これで結構いけるものです。で作例2となるわけであります。

 最後にグチですが、、、、、Dpでの逆光(特にポートレート)は、、、かなりしんどいです(大汗


 そうそう、、、、忘れました。
 基本的にコンデジは逆光撮影に不向きかと思います。「逆光モード」あれば別ですが、基本的にフラッシュの光量の調整が出来るのは最近の機種では殆ど見かけませんし。。。。
(昔のならば一部で大丈夫かな?、、、、所有コンデジでいえば、F710とかTVS-Dは出来ました)
この記事のURL | 下手の手習い | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ